ひとり電通マンのアド戦記

広告代理店ではたらく男の日記

広告大変革の時代に思うこと

この日記は、とある広告代理店に勤める会社員が、広告業界の変革の時代に思うことを書いていくものである。

 

ちなみに、広告のこと以外も書くし、自分の趣味についても書く。

自らに関わりの深いことを通して、世の中を見るためである。

 

この日記が多くの人に読まれ、また役に立つのならば幸いである。

 

2018年3月19日 ひとり電通マン